マヨウイズムブログ

現場作業員(ブル-カラ-)人生を、どうすればより ラク に生きれるかを模索してつけた 知識 をブログにまとめています。(例)施工管理技士試験の勉強方法・その他資格攻略・金策など」

【おすすめ参考書1選】2級造園施工管理技士【最短合格へのテキストはこれ!】

f:id:NerimaHunter:20191006232409j:plain

 

 

どの参考書を選んだらいいか分からない

 

迷いますよね。おまけに造園の参考書って少ないですし…

 

じつは参考書選びにはコツがあります。

 

どうせ勉強をするなら、最小限の勉強量で最短合格できる参考書を選びましょう。

 

本記事では、最小限の勉強量で最短合格するための効率を追求した参考書をピックアップして、なぜその参考書がおすすめなのかを理由付きで紹介します。そしてなぜ他の参考書をすすめないのかも説明します。是非、参考にしてみてください!

 

 

2級造園施工管理技士『おすすめ参考書』 

独学サポート事務局の提供する参考書

ここが1番のおすすめ参考書を提供してくれると考えられます。

独学サポート事務局

理由.⑴ 造園施工管理技士を専門に扱っている

この会社は施工管理技士試験対策を専門にしている会社であり、造園専門のコースを作っていてくれています。市販されている造園試験対策本がすくないのなら、それを専門に取り扱っているプロのところで買うのがベストということになります

理由.⑵ 参考書への信頼性

使用している教材は、「オーム社・市ヶ谷出版社・成美堂出版・弘文社・地域開発研究所・彰国社・東洋書店」ということらしいので、資格の王道どころですから信頼度は高いでしょう。

理由.⑶ 費用対効果が大きい

まずは『2級造園施工管理技士試験(学科・実地)フルサポートプラン 』というプランを見ていただきたい。このプラン内容は、

(1) 厳選教材(テキスト・問題集・実地教材)
(2) 受験対策10資料(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)
(3) サポートサービス(質問回答サービス・新規試験情報配信)
(4) 過去問題ファイル(直近10年間にわたる過去出題問題と解答[学科・実地]
(5) 本試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信
(6) 作文作成代行(受講者に合わせた実地論文の作成提供)

これだけのサポートを受けられて25,350円で済むのはかなり費用対効果が大きいと言わざるをえません。ネット時代に感謝です。

この値段がどうしても引っかかるなら、受けられるサポートを減らすことにより、値段を安くしてくれているプランがあるので、それらを検討してみるのもありです。

理由.⑷ 勉強する以外の手間が全部省ける

上記プランを見ていただければ分かるとおり、このプランにさえ申し込んでしまえば、参考書を探す手間から過去問や予想問題を探す手間、果てには作文作成にかかる手間でさえお任せできてしまい、自分ですることといえば参考書を読んで問題集を解くだけの「ザ・勉強をする」ことだけに集中できてしまいます。

これ、めちゃくちゃ大きいメリットですよね。

考えてみてください、これら手間のかかることをネットで検索している自分の姿を… 辟易しますよね…

 

これらの理由から「独学サポート事務局」を1番のおすすめとさせていただきます。 

 

アマゾンや本屋で市販されている参考書をおすすめしない理由

理由.⑴ 参考書の数が少なすぎる

参考書が少ないことの何が問題かというと、最新のテキストが見つけられないということなんです。これはすごい問題です。

参考書というものは常に最新である必要性があります。なぜなら、①変更された法律やルールがあればそれに対応していないと覚え損になる ②テストは人(試験官)が作っているわけですから、通常、参考書を作成してくれている人が試験の傾向を分析し、ある程度の出題範囲を絞ってくれているわけです。それができていなということはそれだけ無駄な勉強をしてしまうということになります。

これら理由から市販の参考書をおすすめしないというのが僕の考えです。それでもという場合は、Amazonなどでテキスト&問題集を探すと、出来る限り最新のテキストで参考になりそうなものは「例題で学ぶ!!2級造園施工管理技士 /弘文社/種子永修一」でした。もしこちらを買おうと考えている人がいる場合は、よく調べて検討してください。

 

 

以上、おすすめの参考書とそれを選ぶ理由を述べさせていただきました。それと、最小限の勉強量で最短合格を目指すなら、1つの目安に2級造園施工管理技士【合格者の勉強方法】【独学での勉強法を解説】【簡単手抜き】も参考にしてみてください。ある程度は役に立つと思います。